今回は、一般例として 「勤務報告」 コンテンツにて、[保存] ボタンクリック時の入力値チェックや確認メッセージ表示などをカスタマイズ例をご紹介していきます。

Kintai01

 

この勤務報告の新規登録画面は、いつ誰が何の業務何時から何時間、作業したかの実績を入力する簡単なサンプルです。

Kintai02

 

良くある勤怠管理表は、実働時間列などがあると思われますが、以下の参照画面は同様な集計した結果列を表示しています。

Kintai03

 

また、数日分を纏めて入力する事が想定されるため、標準機能の簡易入力(表形式入力)に適した入力用ビューも準備しています。

Kintai04

 

一般的に多い例として、勤怠管理表は電子データとして回覧する場合を想定して、標準機能を使ってEXCEL表にエキスポートに適した列で構成したビューも準備しています。
この以下のビューは、左サイドリンクバーなどの非表示カスタマイズをしていない一例です。

Kintai05
よくお客様などで耳にする話題は、タイトル列(この例では業務名列)を改行さたくない画面一杯に表示したいという要望があります。
以下は、その要望に合わせてカスタマイズした一例です。

Kintai06以下は、上の画面で [EXCELにエキスポート] ボタンをクリックした時に表示されるEXCEL表のイメージです。

Kintai07

 

次に、[保存]ボタンをクリックした時の動作として、入力値の矛盾チェックや確認メッセージを表示したいという要望も良く耳にします。
以下はその例として、「勤務時間」より休憩時間」を大きな値を入力した場合のエラーメッセージの表示や、保存確認メッセージの表示例です。

Kintai09

Kintai10

 

如何でしたかっ?

ブラウザ操作で簡単なカスタマイズに興味が抱かれた方は、以下のメールして頂ければ、こちらよりご連絡致します。
( makino@o365ymf.onmicrosoft.com )

 

次回より、その2 ~ その6 迄の表示系カスタマイズ例の 1☆行のコード記述例(サンプル)ご紹介していきますので、お楽しみにっ!

「ではっ!」
y(^-^;)m